仏壇は何のために置くのか?仏具や花の飾り方・歴史や意味など仏壇に関するミニ知識を紹介

当サイトでは仏具や花の飾り方・歴史や意味など仏壇に関するミニ知識を紹介しています。
初めて購入する場合にもきっと役に立つでしょう。
そもそも何のために置くのか、という疑問を持っている人にも参考になるかもしれません。
また部屋のどこへ置くのが正解なのか、という良くある疑問にもお答えしています。
長持ちさせられる、最適な場所を見つけるのに役立つはずです。
飾り方は悩みどころかも知れませんが、各宗派によって異なるのが特徴です。

仏壇は何のために置くのか?仏具や花の飾り方・歴史や意味など仏壇に関するミニ知識を紹介

初めて仏壇を管理することになったけれど何故置くのか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。
仏壇は寺院を小型化したもので、御内仏と呼ぶこともあります。
仏具の基本は香炉や花立、それに火立です。
花は仏壇に向かう人から、よく見えるように飾るのがポイントとなります。
仏壇が家に置くようになったのは、西暦686年の天武天皇の詔が起源といわれています。
一般の庶民が家でお祀りするようになったのは江戸時代からです。

そもそも仏壇とはどのようなものなのか?

仏壇とは簡単に言えばお寺が家の中にあるようなものともいえ、本来の意味は仏具や仏像を飾り仏様を祀る台のことです。
家庭の仏壇は、厨子と一体化して箱型にされた小型の寺院の内陣のようなもの。
中心に安置されているのはご本尊様で、お仏壇とはご本尊様をお祀りするお家と考えるとわかりやすいです。
しかし、このようないつでも手を合わせることができる寺のミニチュア版以外の意味合いもあると考えられています。
それは先祖への感謝や敬いだったり、その後いまある家族の絆だったり。
亡き家族のお位牌を祀り供養をし対話する場の神聖な象徴として、知られている今日この頃です。
心の拠り所している人たちも少なくなく、それは子供たち世代への優しい心のはぐくみにもつながるというとらえ方もあります。
核家族化により、肉親の死を身近に感じることが少なくなってきている現代の子供たちです。
おのずと命の尊さやありがたさ・先祖への敬意の念も希薄になっている現状において、言い尽くせない重要な役割を果たしてもいるのです。

仏壇を祀るようになったのはいつ頃から?

仏教であると仏壇にお参りすることがあります。
ですが仏教と一緒に伝わったわけではありません。
宗教の発祥地はインドなのですが、インドには日本のように仏壇はなくお参りをする習慣がないためです。
日本では今のような形でないものの、すでに古墳時代から素朴な魂棚というものがありました。
この魂棚には供物や季節のお花を捧げ、先祖の霊を慰めており、その後鎌倉時代になって位牌が宋の国から日本に伝わり室町時代には仏壇で祀るようになっています。
歴史的には江戸時代に普及をしたのですが、これはキリシタン禁制を徹底する目的であり、すべての人が何かしらの寺に属さなくてはならないとしました。
寺院の檀家となることで今の戸籍簿に該当する宗門人別帳に記載され、キリスト教でないという証拠にもなりました。
明治大正時代では精巧な彫刻が施されるようになり技術の高いものが多くなりましたが、昭和になると洋風化によって少しずつシンプルになっていき、今では大変コンパクトな仏壇になっています。

庶民の間で仏壇が広まったのは江戸時代といわれている

仏壇の起源や広まりには諸説がありますが、仏壇の元になる形が朝鮮半島から仏教徒一緒に日本に伝わったのは600年代です。
祖先の官位を記録した板や経典などを納める「龕室(がんしつ)」がそれにあたります。
龕室を元に700年ごろに日本でも天武天皇の命で法隆寺に玉虫厨子が作られ、釈迦三尊像が納められました。
これが仏壇のルーツとも言えますが、当時は貴族や役人など一部の人たちだけのもので、その後は仏教信者などの間にも広まりました。
室町時代になると「書院造り」という住宅形式ができて床の間が設けら、そこに仏具や仏画が飾られるようになりました。
そして庶民にまで広がったのは江戸時代ごろで、小さな厨子や茶箪笥の中に段を作って位牌を設置して拝むことが定着していきます。
お寺の檀家になるとその所有者が祖先の祭祀を主宰することが法律で定められているので、お墓だけでなく仏壇や位牌などの祭具も檀家となった人が守っていくことになります。

なぜ人が亡くなると仏壇を置くのか

人が亡くなるとなぜ仏壇を置くのか意味が知りたいと考えている人も少なくないかもしれませんが、基本的にはいつでも故人と向き合うことができる環境を用意することがメインの考え方になってくるはずです。
仏壇を自宅に用意しておくことができれば、毎日のようにお線香などをあげることができますから、しっかりと故人のことを忘れずに生活することができます。
お墓も用意することになりますが、お墓の場合は自宅の近くに存在しないケースもありますから、頻繁にお線香などをやりに行くことはできないかもしれないです。
仏壇を用意することができれば、気持ちでつながっていることができますから、お墓参りなどができないような場合でも故人を供養することができます。
当然ながら購入するにはかなりの出費が必要になってきますし、置き場所などの確保が難しいようなこともあるので、最近では購入をしないようなケースも増えているはずです。
しかしいつでも故人と向き合うことができるのであれば、前向きに生きていくことができるので、仏壇があれば心を安らかにすることができるかもしれません。

仏壇に関する情報サイト
仏壇に関するミニ知識

当サイトでは仏具や花の飾り方・歴史や意味など仏壇に関するミニ知識を紹介しています。初めて購入する場合にもきっと役に立つでしょう。そもそも何のために置くのか、という疑問を持っている人にも参考になるかもしれません。また部屋のどこへ置くのが正解なのか、という良くある疑問にもお答えしています。長持ちさせられる、最適な場所を見つけるのに役立つはずです。飾り方は悩みどころかも知れませんが、各宗派によって異なるのが特徴です。

Search